腸内フローラ向上委員会

1日ほど何も食べずに腸内環境を改善する方法と注意すべき点


お腹の調子が悪くなっている方は、しばしばその中の環境を整えたいと考えています。そのために、その中の掃除をしたいと考えている方も見られるのですね。
やり方は色々あります。食物繊維などを摂取するのを、決して悪くないでしょう。

 

ただ食物繊維の場合は、ちょっと日数を要する傾向があります。その繊維を含む食材を多く摂取すれば、即日で効果が見られるという訳でもありません。やはりある程度の日数は、必要だと考えた方が良いでしょう。

 

腸内環境を速やかに整える効果が見込める絶食と注意点


ですが人によっては、数日も待てないと考えている方もいらっしゃるようです。そこまでの日数ではなく、できるだけ速やかにお腹の中を掃除したいと思う方も見られるのですが、その方法の1つが絶食なのですね。
そもそもお腹の中が悪くなっている原因の1つは、悪い物質が多く蓄積されているからです。いわゆる老廃物が多すぎますので、体調が良くならないケースも珍しくありません。

 

であれば、もちろんお腹の中に入っている悪い物質を、外に出してあげれば良い訳ですね。そのために食物繊維を用いる方法がある訳ですが、前述のようにそれは少々時間を要します。
ではどうすれば良いかと申しますと、その1つが絶食という事になります。絶食の良い点は、少なくともお腹の中に悪い物質が入りづらくなる点です。私たちが経口摂取する物の中には、残念ながら少々ネガティブなものも見られます。それがお腹に対して悪影響を及ぼし、体調不良になるケースも珍しくない訳ですね。

 

逆に申し上げれば、経口摂取をしなければ良い訳です。そのために絶食を試みる訳ですが、それには1つポイントがあって、必ず水分補給が必要になります。
そもそも水分が不足してしまえば、私たちは体調不良になりがちなのですね。私たちが服用する水分の中には、別に何も悪い物は含まれていない訳ですから、それは積極摂取をしても問題ないでしょう。ただしそれ以外の食材の摂取は、控える方が良い訳ですね。

 

それで取り敢えず、24時間程は絶食を試みてみると良いでしょう。大抵はそれで、お腹の中が綺麗になるものだからです。前述の食物繊維の方法に比べれば、遥かにスピーディーでしょう。
ただ絶食後が問題ですね。人間のお腹が空っぽになっていますと、当然その中の細胞は飢えています。それで食品の過剰摂取などをしてしまいますと、結局お腹の調子が元通りになってしまうケースも珍しくありません。それでは本末転倒ですね。

 

お腹が空っぽになった後は、少しずつ食品を摂取する事も必要になります。

2016/10/28 16:01:28 |


人間のお腹に対しては、とにかく刺激が大事です。刺激次第で、お腹の健やかさも大きく変わってくるからです。

 

刺激を与える方法には色々あって、運動や食事ですね。適切な運動は、お腹に対して適度な刺激を与える傾向があります。お腹は蠕動運動を行っていますので、適切な刺激を与えてあげれば、お腹は健やかになりがちなのですね。また
後者の食事も大きなポイントになって、それを蠕動運動に大きく関わってきます。食事によってお腹に刺激を与えますと、やはり腸内環境は健やかになる傾向があるのです。

 

朝の食事と運動はお腹の環境を整えてくれる


ところで私たちは、しばしば朝食の重要性を耳にします。人間の健康に関する知識がある方は、しばしば朝食は大事ですとアピールをしていますね。
実際、それはその通りなのです。なぜなら朝食は、お腹の中に対して刺激を与えてくれる事が多いのですね。

 

前述のようにお腹に対して適度な刺激が加われば、お腹の環境は良くなる事が多いのですが、とりわけ朝というタイミングが大切なのですね。昼や夜に刺激を与えても良いのですが、できるだけ朝に刺激を与えてあげる方が、腸内環境は健やかになりがちなのそうです。その理由は、朝のお通じに関わってくるからです。

 

そもそも排便というのは、朝の時間帯に生じる傾向があります。多少の個人差はあるのですが、多くの方々は朝にトイレに行く事が多いですね。通勤時間に、トイレに行くサラリーマンの方々も多いのではないでしょうか。
その朝のトイレがとても大切なのです。朝の時間帯に刺激を与えてあげれば、その分朝にトイレに行く確率も高まる傾向がありますので、それだけお腹の中も健やかになりがちなのですね。

 

また朝食だけでなく、朝の運動も同様です。やはり健康に関する知識がある方々は、朝のジョギングを勧めている事が多いのですが、それをお腹の健康と大きな関係があるのです。前述のように適切な運動はお腹の中に刺激を与えてくれますので、その分お通じもよくなりがちなのですね。

 

このように朝の時間帯に運動や食事を心がけることが、腸内環境のヘルシーさに大きく関わってくるでしょう。とりわけヨーグルトなどは、大きなポイントになると思われます。朝の時間帯にヨーグルトを摂取している方々も非常に多く見られますが、その乳製品はお通じを促してくれる事が多いからです。ですので朝食時のヨーグルトと、朝のジョギングを習慣化してあげれば、腸内環境がヘルシーになる確率は大きく高まると思います。

2016/10/28 15:59:28 |


腸内環境を整えるとなると、摂取する栄養分が大きなポイントになってきます。基本的には腸内に良い栄養素を摂取するのがベストで、悪い物の摂取は控える方がベターなのです。その1つが脂肪分なのですね。
脂肪分は、消化吸収に関する問題点があります。そのような物は、お腹の中では消化されづらい性質があるのですね。

 

そもそもお腹の中が健やかになるかどうかも、腸内の残留物質などに左右されるものです。余り消化されづらい物を多く摂取してしまえば、やはりお腹の環境は悪くなる傾向があります。できるだけ消化が良いものを食べなさいとよく言われますが、本当にその通りなのですね。ですので脂肪分などは、ちょっとお腹に対する負担が大きくなります。

 

また脂肪分を多く摂取すれば、自分のお腹の出具合に関する問題点が発生しかねません。人によってはお腹が出てしまっていて、見た目的に何とかしたいと思っている事もあるのですが、そのために脂肪分の摂取を控える事を検討する訳ですね。

 

脂肪分にはお腹が老化してしまうのを防ぐ役割も


そのような話を聞きますと、お腹の環境を整える為には、脂肪分は全く摂取しない方が良いと思われるかもしれません。ましてお腹の環境は、ダイエットとも大きな関係があります。少しでも痩せようと思う方々などは、脂肪分の摂取はゼロにするのが望ましいと考えている事もあるのです。

 

しかし残念ながら、その考え方は間違いになります。なぜなら全く脂肪類を摂取しないのも、また問題が生じるからです。
例えば脂肪類は、脳と大きな関係があります。たまに精神的な障害が生じている方も見られるのですが、それは脳に問題が生じている可能性があるのですね。そして脳が健やかになるか否かは、脂肪類に左右される一面があります。それが余りにも少ないと、脳に栄養分が行き渡らず、問題点が生じる事があるのですね。

 

それと脂肪分は、抗酸化作用にも関わってきます。私たちの体が老化するか否かは、活性酸素に左右される一面があるのです。活性酸素が私達の身体を参加してしまう事で、だんだんと老化してしまう訳ですが、実は脂肪分はその老化を急いでくれる役割もあります。

 

そもそもお腹の中が悪くなってしまう原因の1つは、前述の活性酸素によるサビなのですね。それがお腹の中にダメージを与える事により、腸内環境が悪化するケースもあります。
ですので脂肪分は、実は私たちのお腹には必要なのです。それがゼロですと、却って腸内環境が悪くなる可能性があるので、注意が必要です。

 

もちろん脂肪分を多く摂取するのも、あまり良くありません。よく言われる事ですが、「適量」を摂取するのが肝心だと思います。